建築材料 建築用仕上塗材

〇過去問
・管理業務主任者 
・マンション管理士 
 
 
※目次をクリックすると目次の下部にコンテンツが表示されます。
仕上塗材の概要
●仕上塗材とは?一般の塗料との違い
 
〇塗料
・塗り厚さが数10μm程度
・仕上塗材の”上塗材”に該当。
・一般塗料の厚みでは仕上塗材のような模様は作れない。
 
〇仕上塗材
・数mm程度の比較的厚膜に施工される材料。
・一般に”下塗材+主材+上塗材”の組合せ。
・仕上塗材の品質はJIS A 6909(建築用仕上塗材)に規定されているが、セメント、合成樹脂などの結合材、顔料、骨材などを主原料とし、主として建築物の内外壁or天井を、吹付け、ローラー塗り、こて塗りなどによって立体的な造形性をもつ模様に仕上げる材料。
・汎用的な仕上塗材には、リシン、吹付けタイル、スタッコ、じゅらく、珪藻土などと呼ばれている材料がある。
下塗材、主材、上塗材
〇下塗材
・下地と次に塗る主材の接着材的な役割。
・下地の多孔性による主材の過度の吸い込みや、下地のアルカリ性などによる悪影響が上層の塗膜に及ぶのを防止する役割。
・シーラー、プライマーとも称される。
・下塗材には,基剤及び硬化剤を混合して使用するものがある。
 
〇主材
・主として仕上がり面に立体的or平たんな模様を形成する目的で使用する。仕上塗材の種類や目的によって比較的平たんに仕上げられる場合もある。
・主材には基剤及び硬化剤、又は粉体及び混和液を混合して使用するものがある。
 
〇上塗材
・仕上げ面の着色、光沢の付与、耐候性の向上、吸水防止などの目的で使用する。
・水系、弱溶剤系、溶剤系などがある。
・上塗仕上げとして、つやあり、つやけし、メタリックなどがある。
・上塗材には基剤及び硬化剤を混合して使用するものがある。
仕上塗材の種類とその特徴
〇薄付け仕上塗材
・最も古い形の吹付け仕上げによる材料。
・昭和20年代からあるもので、単層で厚さ3㎜程度の砂壁状の凸凹模様に仕上げる。
・樹脂リシン、アクリルリシン、砂壁状じゅらく、などと称される比較的薄塗りの砂壁状の塗材が代表的。
・リシンは最も汎用化され、長年に亘って実績を築いてきた代表的なテクスチャー。
 
〇複層塗材
・合成樹脂、セメントなどの結合材及び骨材、充てん材を主原料とし、下塗り、主材塗り、上塗りの3層で構成される仕上塗材。厚さは、1~5㎜程度の凸凹模様。
・吹付けタイル、アクリルタイルなどと称される凹凸模様の塗材が代表的で、主材は模様付けに、上塗材(塗料)は色、光沢、耐候性などの機能の付与に用いられる。
・仕上がりの特徴は、豪華なパターン、立体感あふれる美しさ、陶磁器調のタイルの風合いなど。
・弾性タイプの複層塗材(防水形複層塗材 E)は、弾性合成樹脂エマルションを結合材とした建築用仕上塗材で、下地の微細なひび割れに対して優れた追従性を示し、雨水の浸入を防止すると共にコンクリート下地の中性化防止に役立つ。
 
〇厚付け仕上塗材
・単層で4㎜程度以上に仕上げる。
・石材調でスタッコ状(Sutacco=化粧漆喰)で、薄付け仕上塗材よりも、重厚で高級な感じがでる。
・比較的厚塗りの凹凸模様の塗材で、セメントを結合材とするセメントスタッコ、合成樹脂エマルションを結合材とする樹脂スタッコがある。
 
〇軽量骨材仕上塗材
・主として天井用。
・砂壁状でバーライト吹付をする。
 
〇可とう形改修用仕上塗材
・改修工事用の塗材で、主材と上塗材(塗料)で構成されるが、主材は微弾性フィラーなどとも称されていた。
・下地の凹凸を調整する機能がある。
・微細なクラック(ひび割れ)を埋めることが出来る。乾燥後も弾力性が残っているためクラックに追従することが出来る。

コメントを残す

Your email address will not be published.

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください