建築材料 建築用シーリング材

〇過去問
・管理業務主任者 
・マンション管理士 
 
 
※目次をクリックすると目次の下部にコンテンツが表示されます。
建築用シーリング材の概要
・金属,コンクリート,ガラスなどの建築用構成材の接合部の目地に不定形の状態で充てんし,硬化後に部材に接着して水密性及び気密性を確保するために使用する。
弾性復元性による区分
〇弾性シーリング材
・硬化後,弾性的な性質をもつシーリング材。
・目地のムーブメントによって生じた応力がひずみにほぼ比例するシーリング材。
 
〇塑性シーリング材
・硬化後,塑性的な性質をもつシーリング材。
・目地のムーブメントによって生じた応力が早く緩和するシーリング材。
製品形態による区分
〇1成分形
・あらかじめ施工に供する状態に調製したもの。
 
〇2成分形
・施工直前に基剤,硬化剤の2成分を,着色剤などとともに練り混ぜて使用するように調製したシーリング材。
主成分による区分とその特徴
〇シリコーン系(SR)
・ポリウレタン系など、他のシーリング材よりも、高性能で、紫外線に強く、耐水性・耐熱性・耐久性にも優れている。
・耐久性に優れおり、特に過酷な環境(耐候性、耐熱性、耐寒性、耐久性が要求される環境)に多用されているが、反面、表面に塗装などの仕上げ材が付着しにくい、周辺部が汚れやすい、表面にホコリが付着しやすいという短所がある。
 この原因は、シーリング材中の微量な未反応シリコーンが、雨水によって目地周辺部に移行し、これにホコリなどが堆積し、黒ずんでくるものである。
・使用箇所としては、アルミサッシ回り、金属、金物回り、大理石、モルタル、コンクリート、ガラス回りなど多くの箇所で使えるが、目地の周辺の壁面などを汚染させる傾向があるため、使用箇所が限定される。
・耐久性及び接着性が高いというメリットがあるが、ホコリがつきやすく目地周辺は汚染される。
・塗膜との密着が弱いため、上から塗装膜を被せる時には使用しない。
 
〇ポリイソブチレン系(IB)
・シリコーン系は耐久性・耐候性に最も優れているが、目地周辺を汚染させることがあるため、使用箇所が金属・ガラス間などに限定される。
→シリコーン系に近い性能をもち目地周辺を汚染させることの少ないポリイソブチレン系シーリング材を使用する。
 
〇変成シリコーン系(MS)
・接着性がよいが、耐候性はシリコーン系に劣る。
・シリコン系シーリング材の短所を改良したものであるが、シリコーン系と比較すると、耐候性、耐熱性が劣るために、シリコーン系とは本質的に異質なものと考えられている。
・金属とガラスの間や使用箇所が限られ、ガラス回りには使われない。
 
〇ポリサルファイド系(PS)
・塗装可能
・シーリング面に塗装と露出を混在させる部位に使用。
 
〇アクリルウレタン系(UA)
 
〇ポリウレタン系(PU)
・固まるとゴムのような弾力性を持ち、標準的な性能も有しているので、価格面からも多く使用されている。
・コンクリート、スレートなどに対し汚染がない。
・耐久性は一番あるが、紫外線に弱いので、住宅の外観箇所には向いていない。
 ガラスを透過した紫外線により接着性が低下しやすいので、接着面にガラス越しの紫外線を受けるガラス面には用いない。
・伸縮性も大きくは無いので、コンクリートの目地やサッシ枠回りなどに使用される。
・ホコリを吸い付けてしまう性質があるので、使用する際は、上から塗装する必要がある。
・屋外の金属と金属の接合部の目地に適したシーリング材ではない。
 
〇アクリル系(AC)
 
補助材料
〇マスキングテープ
・シーリング材の施工に用いられるマスキングテープは、シール部周囲が汚損することを防止するための養生材。
・シーリング材が硬化すると剥がしにくくなるので、シーリング材が十分硬化する”前”に除去する必要がある。
 
〇プライマー
・接着性を確保するために,シーリング材を充てんする前に目地の被着面に塗布する材料。
 
〇バックアップ材
・シーリング材の充てん深さと裏面の形状を確保するために,目地に装てんする材料。

コメントを残す

Your email address will not be published.

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください