室内設備故障

築古のマンションでは、専有部内の老朽化した配管からの水漏れによって、階下に被害を及ぼし加害者となってしまうリスクがあります。私が所有している築古の区分マンションでこの事故が発生しました。
 
幸い、マンション全体の保険で水漏れ調査費用、専有部の施設賠償保険に加入していたため、自室の配管の修繕費用以外の水漏れ調査費用と階下への損害賠償については保険で対応することが出来ました。
 
マンション全体の保険で、水漏れリスクに対応するオプションをつけているか確認し、つけていなければ、個人で施設賠償保険に加入する必要性を改めて感じました。
 
※マンション全体の保険の水漏れリスクに対応するオプションについては以下の記事参照。
築古マンションでマンション保険の保険料大幅アップ
 
結果的に多くの費用は保険でまかなうことができましたが、電話連絡を受けたり、書類を提出したりなどの対応は必要です。私が経験した具体的な対応内容の流れを以下まとめました。
 
続きを読む
空室状態でリフォーム済みの築古ワンルームマンションを購入した事があります。
見た目はきれいだったので素人の私は気づかなかったのですが、その後賃貸管理会社に管理をお願いしたところ、9項目も問題箇所があり、修理費用が3万円弱かかった事があります。
続きを読む
中古マンションを入居者がいる状態(オーナーチェンジ)で購入する場合、部屋の中の状況を確認していますか?
入居者が住んでいるから、と確認を怠っていませんか?
私は、購入前の段階で確認していなかったため、購入して随分経ってから確認して後悔した事があります。
続きを読む
●新築物件なのに2年足らずで室内設備故障
 
マンション投資は、長期に渡って行いますので、室内設備は避けて通る事はできません。
ただ、私が3番目に購入した新築物件、新築物件なのに2年も経っていない時期に、シャワーの給湯器の温度調節が出来ないという故障が発生しました。
続きを読む