空室期間、入居者募集

※目次をクリックすると目次の下部にコンテンツが表示されます。 続きを読む
各保証会社によって、保証内容、保証範囲、保証上限額、付帯サービス、審査方法が異なっているようです。賃貸入居者の属性に応じて保証会社・サービスプランを使い分けるのも有効かもしれません。
 
※目次をクリックすると目次の下部にコンテンツが表示されます。 続きを読む
3点ユニット物件の入居者募集状況はどのようになっているのでしょうか?
いくつかの賃貸管理会社の担当者に聞いてみましたが、人によって以下のような意見があり、いろいろ見解が分かれているようです。
・相場に合った条件であれば気にする程ではない。
・空室期間が長くなる。
・間取りを変えるほどのリノベーションをした方が良い。
・簡易的な分離工事をした方が良い。
 
ただ、その会社の営業方針にも関わると思いますので、そのまま信じて良いのか迷ってしまいますね。
 
各種アンケート調査や各種分離工事について調べてみました。
続きを読む
オートロックなしの物件で専有部のTVモニタ付インターホンを交換 築30年超とはいえ、30m2弱の1DK、トイレバス別の間取りなので、コロナ前より需要は増えているのかと思っていましたが、反響が思わしくなく空室期間が3ヵ月を超えてしまいました。
 
オートロックなし、防犯カメラなしのマンションの1階の物件、ということで防犯面が大きなマイナス要因になっているのかと思い、単独で専有部の旧式のインターホンをTVモニタ付インターホンに交換しました。
 
続きを読む
2022年の5月中旬に数年前にオーナーチェンジで購入した築50年弱の築古物件で退去が発生しました。
築年数が非常に古く、募集時期も繁忙期が終わった後で募集時期も悪かったので、すぐに成約できるが不安がありましたが、結果的には1週間ぐらいで申し込みが入り、家賃も5,000円アップで空室期間3週間で成約することができました。
 
築50年弱の非常に古い物件の賃貸付けはいろいろ不安がありますが、物件の状況によってはこのような幸運に恵まれることもあります。
 
物件の状況と入居者募集の状況を紹介します。
続きを読む
築古のマンションで、現入居者が長期間住んでいる場合、床がカーペットの場合があります。カーペットはあまり入居者から人気が無いようなので次の入居者入れ替わり時には床材を交換する必要が出てくると思います。まずフローリングが思いつきますが、それ以外にも選択肢がありますので、まとめてみました。 続きを読む