マンション投資の物件紹介方法

マンション投資の売出し物件の紹介方法は、インターネット上で公開されている物件と公開されていない物件で異なります。

●インターネット上で公開されている物件

インターネット上で公開されている物件の場合は、問合せフォームから問合せをしますと、担当者から折り返し連絡あります。

たまに、折り返しの連絡が無い場合があります。
単なるケアレスミスかいい加減な会社であるためかは判断が分かれますが、私は一応催促してみる事が多いです。
 問合せの回答だけで終わる場合もあれば、回答時に担当者から希望条件を聞かれ、その後、別の物件をご紹介いただいた場合もあります。

しつこく何度も紹介してくるといった事もたまにありましたが、大半は紳士的な対応でした。

●インターネット上公開されていない物件の場合

この場合は、マンション投資のセミナーに参加したり、個別相談会に行って担当者に希望条件を伝え、その後、条件に合った投資物件を紹介していただく流れになります。

決まった担当者が、各購入希望者毎に個別に条件に合った物件情報をメールで紹介する場合と複数の購入希望者に一斉メールで物件情報が送られてくる場合があります。
 前者は丁寧に対応いただけますが、逐次、担当者に対して返答メールを返したり(返さなければいけないというわけでは無いと思いますが、マナー上必要ですよね)、購入しない場合には、その理由も明記の上返信していましたので、何かと手間はかかりました。
 親切に対応いただける分、何度も断っていると担当者に対して気が引けるような感情にもなり、情報収集目的での利用は心理的に難しいなという印象です。私は、本気で購入する意思がある場合にしか利用していません。

後者の場合は、とりあえず紹介するだけしてもらって気に入ったら問い合わせてみる、といった感じで気楽に利用できますので、私はよく利用しています。
 ただ、一斉メールで複数の購入希望者に送っていますので、魅力的な物件の場合は、他の購入希望者との競争になりますので、早急な決断が求められる事があるようです。
 問合せに対してもそれほど丁寧に対応していただけない事もあるかもしれません。他の購入希望者に対する対応もあるかと思いますので。
 私は即決できるほど物件の目利きに自信がありませんので、この方法で購入した事はありません。情報収集に利用している程度です。

各方法のメリット・デメリットを把握した上で、うまく使い分けると良いと思います。

コメントを残す

Your email address will not be published.

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください